building

新生活の準備

集合住宅

苦しい受験戦争を乗り越え、晴れて希望する大学に合格することになれば新居探しのスタートです。このタイミングで親元を離れて一人暮らしデビューをする人も多いので、いろいろと楽しみと不安を覚えながら賃貸アパートやマンションを探す人も多いでしょう。また、自分だけの空間を持てることから、条件をいろいろ絞って物件を探す人もいるのでその思いは色々あります。
ただ、学生が暮らしやすい賃貸アパートやマンションは、賃料や大学までの交通アクセス面ではなく周辺環境にも目を向けなければなりません。学生自体が多いエリアに住むなら問題ありませんが、少し離れた位置で物件探しをする際は、街の治安や暮らしている人の層を調べた上で決めるようにしましょう。

学生が暮らしやすい賃貸アパートやマンションを探すときは、専門的に扱っている不動産会社で情報収集をするのが一番です。というのも、物件自体を豊富に取り扱っているところなら、一般的な不動産会社が一番です。しかし、それはファミリー層や社会人シングル層など、いろんな人向けの物件情報が混在しているので、向き・不向きがあります。ですから、実際選んでみたら、近隣がうるさくて勉強に集中できないとか周辺の電灯が少なくて夜道が危険という心配もあります。このあたりは学生向けの賃貸アパートやマンションを扱っているところの方が考慮して物件収集をしてくれているので、選びやすくて失敗するリスクが軽減できます。

月単位で契約

マンション

長期滞在者向けに便利な京都マンスリーマンションは、月単位で更新できて滞在費を安くすることができます。さらに、キッチンや家電が完備されているところもあるので、自分の家みたいに暮らせます。

View Detail

生活をイメージする

青空と住宅

清澄白河で一人暮らし用の賃貸マンションを選ぶ時は、ライフスタイルに合わせて間取りを見ておくと良いでしょう。特によく使用する水回りやキッチンは、使い勝手のいい動線とサイズであることがポイントです。

View Detail

敷金と礼金には違いがある

茶色い壁のマンション

最近物件の特集で多くなっている敷礼ゼロは、初期費用を抑えることができるお得な物件です。ただし、敷金がない分だけ退去時に別途費用が発生することを理解した上で契約するようにしましょう。

View Detail